島津製作所、米ボーイング社製の787型など新規分野の部品を受注

[ 2012/01/19 ]

はてなブックマーク

株式会社島津製作所は、米国・ボーイング社製の航空機に搭載される構成品2製品を受注した。
(参照:島津製作所が南アフリカに新会社設立


Image from Kentaro Iemoto@Tokyo

島津製作所は、1955年に航空機器事業を再開し、その後、米国航空機関連企業との技術ライセンスを交えて、数多くの航空機搭載機器を開発し、生産してきた。
民間航空機の分野では、世界最大の航空機器メーカーであるボーイング社の737型機用品目の生産を1976年から開始した。
その後、ボーイング747、757、767、777用のギアボックス、空気系統チェックバルブ、電気機械式アクチュエータなど、ドア、脚・翼用機器などの品目を納入し、部品メーカーとしての地歩を築いた。

2006年には、ボーイング社747-8型機の後縁フラップ駆動システム主要構成品目群をシステムとして受注した。
今回は、このシステム開発経験をもとに、民間航空機向けのフライトコントロール系統では新規分野となる787型機用水平尾翼水平安定板作動アクチュエータおよび、737、747、767型機用水平尾翼昇降舵フィールアクチュエータを受注し、生産を担当する。

787型機用水平尾翼水平安定板作動アクチュエータは、水平尾翼の水平安定板部分を上下に動かすためのアクチュエータで、機体最後部に装着し、縦方向の直線運動を水平安定板の可動部位に伝達して、水平安定板を動作させるもの。2021年までに総額で50億円超の売上を見込む。
787型機は、世界で800機以上の受注を獲得し、初号機は2011年9月にANAに引き渡された

737、747、767型機用水平尾翼昇降舵フィールアクチュエータは、パイロットが操縦桿を操作する際に実舵面上の負荷を体感できるようにするためのアクチュエータである。

関連する記事

アーカイブス

イオン環境財団がアジア学生交流環境フォーラムを開催

公益財団法人イオン環境財団が、第2回「アジア学生交流環境フォーラム」を開催する。 (参照:滋賀県でアジア環境リーダー育成・・・

記事全文

熊本県が熊本県世界チャレンジ支援基金への寄附を募集

熊本県が、官民出資により創設した熊本県世界チャレンジ支援基金への寄附を募集している。 (参照:熊本大が、千葉、新潟、金沢・・・

記事全文

長崎県が英会話テストを高校に導入

長崎県の県教育委員会は、26日の県教育振興会議、英会話に特化した県独自の試験を2015年度にも始める方針を明らかにした。・・・

記事全文

メディア総研株式会社が海外短期インターンシップ講座を実施

メディア総研株式会社がビジネス体験を英語で行う海外短期インターンシップ講座「Global Business eXperi・・・

記事全文

熊本県が中高生のための海外チャレンジ塾を開講

熊本県が、海外大学への進学を促すため、中高生のために無料で「熊本時習館海外チャレンジ塾」を開講する。 (参照:熊本大が、・・・

記事全文

グローバルビジネスカレッジが池袋にて講演会、オープンキャンパスを開催

来年度より全国で複数の専門学校にて開講を予定している即戦力のグローバル人材の育成を目指すグローバルビジネスカレッジが、東・・・

記事全文

トライデント外国語・ホテル専門学校が高校生向けの留学イベントを開催

河合塾グループのトライデント外国語・ホテル専門学校は、8月3日に、海外留学を考えている高校生とその保護者のためのイベント・・・

記事全文

JIN-Gとシュハリがベトナムでの定額制研修サービスを開始

株式会社JIN-Gとシュハリ株式会社がベトナム・ホーチミン市において会員になればいつでも何回でも誰でも受講できる定額制の・・・

記事全文

近畿大学が第一回全学FD研究集会を開催

近畿大学は、8月3日に、近畿大学東大阪キャンパスにおいて、第一回全学FD(Faculty Development)研究集・・・

記事全文

徳島県立海部高等学校がオンライン英会話のMAAS!を導入

株式会社ジーケーコミュニケーションズが運営するSkypeを使った格安オンライン英会話サービスのMAAS!が徳島県立海部高・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

海外インターンシップ

PR